「コミュニティ発電所」古屋将太氏

公開日: 更新日:

<「異なる世代が一緒につくり上げる楽しさがあります」>

 トラブルが毎日報じられる東京電力福島原発。「原発はもうダメだ」と思う人も、「国が自然エネルギーをやってくれればいいのに」と他力本願になりがちだ。著者は、その発想自体を変えようと呼びかける。
「今まで通りトップダウンで誰かが変えてくれるのを待っていたら、原発のような依存型・中央集権型の構造は変わりません。自分たちのことは自分たちで決めようと市民が集まって、自然エネルギーをつくっていくことで、従来の構造も変わります。大変だけど、楽しいことだと伝えたくて書きました」

 自分たちで発電所をつくるなんて可能なの? と疑ってしまうが、電力会社や大企業でなくても太陽光や風力発電所をつくったデンマークや日本の実例がある。

 長野県飯田市の「おひさま進歩エネルギー株式会社」は、1口10万円や50万円のファンドで市民から2億円もの資金を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る

人気キーワード