「コミュニティ発電所」古屋将太氏

公開日: 更新日:

<「異なる世代が一緒につくり上げる楽しさがあります」>

 トラブルが毎日報じられる東京電力福島原発。「原発はもうダメだ」と思う人も、「国が自然エネルギーをやってくれればいいのに」と他力本願になりがちだ。著者は、その発想自体を変えようと呼びかける。
「今まで通りトップダウンで誰かが変えてくれるのを待っていたら、原発のような依存型・中央集権型の構造は変わりません。自分たちのことは自分たちで決めようと市民が集まって、自然エネルギーをつくっていくことで、従来の構造も変わります。大変だけど、楽しいことだと伝えたくて書きました」

 自分たちで発電所をつくるなんて可能なの? と疑ってしまうが、電力会社や大企業でなくても太陽光や風力発電所をつくったデンマークや日本の実例がある。

 長野県飯田市の「おひさま進歩エネルギー株式会社」は、1口10万円や50万円のファンドで市民から2億円もの資金を集めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  7. 7

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

もっと見る