「これからの中国ビジネスがよくわかる本」村尾龍雄著

公開日:  更新日:

■中国のいま

「あつかいにくい大国」とよばれる中国。果たしてどう向き合えばいいのか。

■ビジネス法務の現場でわかった中国社会の事情

 弁護士・税理士として中国ビジネス20年弱になる著者。いわゆる「改革・開放」時代をビジネス法務の現場からつぶさに目撃してきた人だけに、タテマエではなく正味の説明が本書の持ち味になっている。

 たとえば日本では法律の下に政令や省令が厳然と上下関係で位置づけられているが、中国では法律、行政法規、部門規制、司法解釈などがバラバラに「政策実現のための課題」に影響をおよぼす(または、およぼそうとする)。一党独裁の国だけに「党の政策に符合する限り、共産党支配下の誰が法規範化を図ってもいいじゃないか、という考え方」なのだ。

 要はコネやその時々の政治力が大いに幅を利かすということである。それだけに本気で対中ビジネスを考えるなら中国文化に精通した幹部を育成すると同時に本社の役員も現場に通じるように工夫することが肝心。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る