• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「これからの中国ビジネスがよくわかる本」村尾龍雄著

■中国のいま

「あつかいにくい大国」とよばれる中国。果たしてどう向き合えばいいのか。

■ビジネス法務の現場でわかった中国社会の事情

 弁護士・税理士として中国ビジネス20年弱になる著者。いわゆる「改革・開放」時代をビジネス法務の現場からつぶさに目撃してきた人だけに、タテマエではなく正味の説明が本書の持ち味になっている。

 たとえば日本では法律の下に政令や省令が厳然と上下関係で位置づけられているが、中国では法律、行政法規、部門規制、司法解釈などがバラバラに「政策実現のための課題」に影響をおよぼす(または、およぼそうとする)。一党独裁の国だけに「党の政策に符合する限り、共産党支配下の誰が法規範化を図ってもいいじゃないか、という考え方」なのだ。

 要はコネやその時々の政治力が大いに幅を利かすということである。それだけに本気で対中ビジネスを考えるなら中国文化に精通した幹部を育成すると同時に本社の役員も現場に通じるように工夫することが肝心。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る