• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「かつお節と日本人」藤林泰氏

■「かつお節の消費拡大のきっかけは『フレッシュパック』の発売でした」

 かつお節といえば伝統的な食材で、化学調味料に押されて、消費量が減り危機的状況にあると思いがちだが、それは早計。

 宮内泰介氏と共に本書を書いた藤林氏はいう。
「昭和初期まで、庶民の間では、かつお節のだしは正月などのハレの日の料理に使う程度で、日常的には使われていなかったようです。広く普及したのは意外と最近で、1970年代以降のこと。2000年には過去最高を記録しています」

 1969年に、老舗「にんべん」が発売した「フレッシュパック」は家庭で削る手間を省いており、これが消費拡大のきっかけとなった。そして、80年代に入って、めんつゆ、だしの素など「調味料」の形でさらに伸びた。

「インドネシアを旅していて、ビトゥンという小さな町の港をぶらぶらしていたら、日本の中古冷凍船にフィリピン人が数人いたんです。聞けば、カツオを枕崎に運ぶという。船長は日本人で、かつお節の材料を日本にピストン輸送していて『儲かる儲かる』と笑っていました。その旅から帰ってきたら、共著者から電話がきて、沖縄の池間島のお年寄りが、戦前、南洋でかつお節を作っていた話を聞いた、面白そうだから一緒に調べないかというんです。ぼくも、ビトゥンの冷凍カツオの話をして、これはやるしかない、となったわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る