「かつお節と日本人」藤林泰氏

公開日: 更新日:

■「かつお節の消費拡大のきっかけは『フレッシュパック』の発売でした」

 かつお節といえば伝統的な食材で、化学調味料に押されて、消費量が減り危機的状況にあると思いがちだが、それは早計。

 宮内泰介氏と共に本書を書いた藤林氏はいう。
「昭和初期まで、庶民の間では、かつお節のだしは正月などのハレの日の料理に使う程度で、日常的には使われていなかったようです。広く普及したのは意外と最近で、1970年代以降のこと。2000年には過去最高を記録しています」

 1969年に、老舗「にんべん」が発売した「フレッシュパック」は家庭で削る手間を省いており、これが消費拡大のきっかけとなった。そして、80年代に入って、めんつゆ、だしの素など「調味料」の形でさらに伸びた。

「インドネシアを旅していて、ビトゥンという小さな町の港をぶらぶらしていたら、日本の中古冷凍船にフィリピン人が数人いたんです。聞けば、カツオを枕崎に運ぶという。船長は日本人で、かつお節の材料を日本にピストン輸送していて『儲かる儲かる』と笑っていました。その旅から帰ってきたら、共著者から電話がきて、沖縄の池間島のお年寄りが、戦前、南洋でかつお節を作っていた話を聞いた、面白そうだから一緒に調べないかというんです。ぼくも、ビトゥンの冷凍カツオの話をして、これはやるしかない、となったわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る