• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「探偵・竹花 潜入調査」藤田宜永著

■大手企業社長が失踪

 探偵・竹花は、訪ねてきた千恵子から書き置きを残して失踪した夫の乙崎を捜してほしいと頼まれる。大会社の社長である乙崎の失踪は極秘にされてきたが、1カ月半が過ぎ、悠長に帰りを待っていられなくなったという。調査を始めた竹花は、乙崎の行きつけのクラブで彼とニューハーフの真代を群馬県O市で見かけたとの情報を得る。O市で真代の消息を尋ね歩く竹花は、何者かに尾行される。たどりついた真代の部屋の周囲にも不審な男の姿があった。ようやく見つけ出した乙崎は、真代との関係をネタにある人物から脅迫されていると打ち明ける。(「ピンク色の霊安室」)

 還暦を過ぎた探偵を主人公に描く連作集。
(光文社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る