「私がマッキンゼーを辞めた理由」石井てる美

公開日: 更新日:

■やってみてダメなら方向転換…が大切

東大、大学院、マッキンゼーと、エリート街道を歩んできた著者が、26歳で選んだ転職先はお笑い芸人だった。

 決断を後押ししたのは、マッキンゼーで徹底的に教えられた「仮説思考」だという。
「未来のことは予測不可能で不確定。だから、正しいことは存在しません。やるだけやってみて、ダメだと思ったら“仮説”を書き直すことが大事です。それまでにかけた労力をばっさり捨てることになりますが、割り切りが必要です。芸人になることについても、うまくいくかどうかガチガチに考えすぎると動けなくなる。やってみてダメなら方向転換すればいいと思ったら、気が楽になりました」

 すべては「やらないことには後悔する」と思ったからだ。
「高校の時に習った在原業平の句『ついに行く道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを』が印象に残っています。『最後に必ず通る道(死)とは聞いていたが、昨日今日のこととは思っていなかった』という意味。やりたいことをやらずに死ぬ直前に後悔しても手遅れです。そして100%自己責任を心がけています。指示されてやったことはうまくいかなかったとき、後悔しますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    “匂わせ不倫”でさらなる燃料投下 木下優樹菜引退の決定打

  10. 10

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

もっと見る