• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「私がマッキンゼーを辞めた理由」石井てる美

■やってみてダメなら方向転換…が大切

東大、大学院、マッキンゼーと、エリート街道を歩んできた著者が、26歳で選んだ転職先はお笑い芸人だった。

 決断を後押ししたのは、マッキンゼーで徹底的に教えられた「仮説思考」だという。
「未来のことは予測不可能で不確定。だから、正しいことは存在しません。やるだけやってみて、ダメだと思ったら“仮説”を書き直すことが大事です。それまでにかけた労力をばっさり捨てることになりますが、割り切りが必要です。芸人になることについても、うまくいくかどうかガチガチに考えすぎると動けなくなる。やってみてダメなら方向転換すればいいと思ったら、気が楽になりました」

 すべては「やらないことには後悔する」と思ったからだ。
「高校の時に習った在原業平の句『ついに行く道とはかねて聞きしかど昨日今日とは思はざりしを』が印象に残っています。『最後に必ず通る道(死)とは聞いていたが、昨日今日のこととは思っていなかった』という意味。やりたいことをやらずに死ぬ直前に後悔しても手遅れです。そして100%自己責任を心がけています。指示されてやったことはうまくいかなかったとき、後悔しますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  8. 8

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

もっと見る