「睡眠のはなし」内山真著

公開日:  更新日:

 長年臨床の現場に携わってきた睡眠学の第一人者が、睡眠を巡る疑問について解説する。

 理想的な睡眠時間は8時間といわれているが、2000年以降に行われた研究では、睡眠時間が毎日4時間前後と短い人と同様に、8時間以上の長い睡眠を取っている人にも高血圧や糖尿病の確率が高いことが明らかになっているという。さらに、睡眠時間が6.5~7.5時間という人は、それより短い人や長い人と比べて6年後に生存している確率が高いことも分かったそうだ。

 実際、健康的な人の生理的睡眠時間は一定の範囲内にあり、長時間布団にもぐりこんでいても眠りが浅くなり覚醒してしまう。7時間ほどの睡眠で“よく眠った”と実感できるのが、理想の睡眠のようだ。
(中央公論新社 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る