「睡眠のはなし」内山真著

公開日: 更新日:

 長年臨床の現場に携わってきた睡眠学の第一人者が、睡眠を巡る疑問について解説する。

 理想的な睡眠時間は8時間といわれているが、2000年以降に行われた研究では、睡眠時間が毎日4時間前後と短い人と同様に、8時間以上の長い睡眠を取っている人にも高血圧糖尿病の確率が高いことが明らかになっているという。さらに、睡眠時間が6.5~7.5時間という人は、それより短い人や長い人と比べて6年後に生存している確率が高いことも分かったそうだ。

 実際、健康的な人の生理的睡眠時間は一定の範囲内にあり、長時間布団にもぐりこんでいても眠りが浅くなり覚醒してしまう。7時間ほどの睡眠で“よく眠った”と実感できるのが、理想の睡眠のようだ。
(中央公論新社 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る