• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花粉症は治せる!舌下免疫療法がわかる本」大久保公裕著

 今年も間もなく花粉症の季節がやってくる。いまや日本人の5人に1人以上が発症する国民病であるが、多くの人が症状を抑えるだけの薬を服用し、毎年つらい思いをしているのが現状だ。

 花粉症に対する治療の新たなアプローチが求められるなか、近々「舌下免疫療法」が保険適用となる見込みだという。

 本書では、80%以上の人に症状の軽減化が見られ、根治も可能な舌下免疫療法について、治療の受け方やメカニズムを解説している。

 注射は必要なく舌の下に1日1回アレルゲンを含む薬剤を垂らすだけであることや、自分でできるため通院が必要ないこと。ただし2年間は毎日行わなければならないこと、適用は12歳以上であることなど、注意点も詳述していく。
(日本経済新聞出版社 850円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る