• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「聖徳太子の真実」大山誠一編

■聖徳太子は架空の人物だ

 日本の歴史・文化を象徴する聖徳太子をテーマにした古代史研究書。
「日本書紀」をはじめ、継体天皇と聖徳太子の系譜を論じた平安初期の「上宮記」など、さまざまな太子関係史料を読み解きその信憑性を検証。結果、聖徳太子の実在性を示す史料は皆無で、後世に成立したものばかり。ゆえに聖徳太子は架空の人物と言わざるを得ないと結論する。

 では、聖徳太子はいつ、何のためにつくられたのか。聖徳太子が実在しないならば、真実の飛鳥時代の歴史はどのようなものであったかを論じ、聖徳太子という人物像が「書紀」の中で成立し、それが天皇制の成立に関わることを明らかにする。
(平凡社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

もっと見る