「抗がん剤が効く人、効かない人」長尾和宏著

公開日: 更新日:

 抗がん剤に対し、「がんを治すことも延命もしない」「がん治療の苦痛の最大の原因」というマイナスイメージを持っている人は少なくないだろう。確かに、抗がん剤は毒にしかならないこともある。しかし、がんの種類や段階によっては非常に有効に働くものもあり、抗がん剤=毒と決めつけては、せっかくの治る機会を失うことにもなる。

 日本人のがん死亡の第1位である肺がんの場合、小さな細胞が密集して広がり増殖が速い「小細胞がん」の初期には、抗がん剤が有効に働くという。放射線治療と併用して、「シスプラチン+VP16」という抗がん剤を用いると、がん細胞が半分以下に縮小するそうだ。
 本書では、臓器別がんと抗がん剤の関係を分かりやすく解説していく。
(PHP研究所 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  3. 3

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  4. 4

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  7. 7

    NEWS加藤の吉川英治新人賞は本物 一芸ジャニーズ台頭なぜ

  8. 8

    これぞ教育!帽子を脱がない校則違反の男子生徒に校長は…

  9. 9

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  10. 10

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

もっと見る

人気キーワード