「抗がん剤が効く人、効かない人」長尾和宏著

公開日:  更新日:

 抗がん剤に対し、「がんを治すことも延命もしない」「がん治療の苦痛の最大の原因」というマイナスイメージを持っている人は少なくないだろう。確かに、抗がん剤は毒にしかならないこともある。しかし、がんの種類や段階によっては非常に有効に働くものもあり、抗がん剤=毒と決めつけては、せっかくの治る機会を失うことにもなる。

 日本人のがん死亡の第1位である肺がんの場合、小さな細胞が密集して広がり増殖が速い「小細胞がん」の初期には、抗がん剤が有効に働くという。放射線治療と併用して、「シスプラチン+VP16」という抗がん剤を用いると、がん細胞が半分以下に縮小するそうだ。
 本書では、臓器別がんと抗がん剤の関係を分かりやすく解説していく。
(PHP研究所 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る