• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「抗がん剤が効く人、効かない人」長尾和宏著

 抗がん剤に対し、「がんを治すことも延命もしない」「がん治療の苦痛の最大の原因」というマイナスイメージを持っている人は少なくないだろう。確かに、抗がん剤は毒にしかならないこともある。しかし、がんの種類や段階によっては非常に有効に働くものもあり、抗がん剤=毒と決めつけては、せっかくの治る機会を失うことにもなる。

 日本人のがん死亡の第1位である肺がんの場合、小さな細胞が密集して広がり増殖が速い「小細胞がん」の初期には、抗がん剤が有効に働くという。放射線治療と併用して、「シスプラチン+VP16」という抗がん剤を用いると、がん細胞が半分以下に縮小するそうだ。
 本書では、臓器別がんと抗がん剤の関係を分かりやすく解説していく。
(PHP研究所 760円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

  6. 6

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  7. 7

    中国人女優・范冰冰さん 消息不明の背景に脱税と暴露合戦

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  10. 10

    年内にもソウル訪問 金正恩が納得する“警護”間に合うのか

もっと見る