• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「患者必読」新見正則著

 著者はオペラの「椿姫」をマウスに聞かせると移植した心臓への拒否反応が起こらないという研究で、「人を笑わせ、考えさせる業績」に贈られるイグ・ノーベル賞を受賞した外科医。本書では、思い込みを捨てた柔軟な発想で、現代医学の成果を考察している。

 たとえば、近頃論争が起きているコレステロール値。日本脂質栄養学会はコレステロール値は高い方が長生きで、薬で下げる必要はないという論調だ。一方、日本動脈硬化学会は薬を飲んで下げるべきと説いている。著者は、市場原理が働く社会で“薬を使うな”という前者こそ信頼できると言う。実際、アメリカではコレステロール値の測定すらしなくなっているという。

 医療を受ける前に読んでおいて損はない。
(朝日新聞出版 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る