• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「鉄道でゆく日本の絶景旅」山﨑友也著・写真

■四季の移ろいと鉄道のコラボレーションが生み出す絶景

 沿線で絶景が堪能できる日本各地の鉄道路線を紹介するビジュアル・トラベルガイド。
 残雪の蔵王連峰を背景にして奈良の吉野山にちなみ「白石川堤一目千本桜」と呼ばれる8.5キロの桜並木と並走する「東北本線 大河原~船岡」から、すべてが凍り付いた雪原を走る始発列車が幻想的な「釧網本線 知床斜里~止別」まで、四季折々46の絶景を美しい鉄道写真で巡る。

 桜満開の「東北本線」と同じ4月に撮影されているのに「根室本線 別当賀~落石」は、表情が一変。太平洋の荒波を横目に荒涼とした冬枯れの景色の中を進む列車は、まるで異国のようだ。

 その他、北アルプス最北端の白馬連峰を一望しながら、そこから集まる雪解け水がほとばしる松川を渡る「大糸線 白馬~信濃森上」(5月)、眼下に川中島の戦場だった善光寺平の夜景が広がる「日本三大車窓」のひとつ「篠ノ井線 姨捨~稲荷山」(6月)、沿線の水辺にホタルが乱舞する「秋田内陸縦貫鉄道」(7月)、瀬戸内海の島々を夕日が染める「予讃線 海岸寺~詫間」(8月)、そして錦秋に染まった深い谷間を渡る「陸羽東線 鳴子温泉~中山平温泉」(11月)など。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る