「校閲ガール」宮木あや子著

公開日:  更新日:

 ファッション雑誌の編集者を志望して出版社に就職した悦子だったが、配属されたのは校閲部。それでも、いつか異動になると信じて完璧に仕事をこなしていた。

 目下、取り組んでいるのは、エロミステリー界の大御所・本郷の作品だ。前回、本郷の作品を校閲した際に、悦子は登場人物の若い女性たちの古色蒼然とした言葉遣いに呆れ、参考資料を添付して突き返した。本郷は怒り、原稿も直さなかったが、なぜか今回も悦子を校閲に指名してきた。

 本郷の新作を読み込んだ悦子は、主人公の移動時間に誤りがあることに気づく。

 マイナーな校閲部門を舞台にした連作エンターテインメント。

(KADOKAWA 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る