「校閲ガール」宮木あや子著

公開日:  更新日:

 ファッション雑誌の編集者を志望して出版社に就職した悦子だったが、配属されたのは校閲部。それでも、いつか異動になると信じて完璧に仕事をこなしていた。

 目下、取り組んでいるのは、エロミステリー界の大御所・本郷の作品だ。前回、本郷の作品を校閲した際に、悦子は登場人物の若い女性たちの古色蒼然とした言葉遣いに呆れ、参考資料を添付して突き返した。本郷は怒り、原稿も直さなかったが、なぜか今回も悦子を校閲に指名してきた。

 本郷の新作を読み込んだ悦子は、主人公の移動時間に誤りがあることに気づく。

 マイナーな校閲部門を舞台にした連作エンターテインメント。

(KADOKAWA 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る