「校閲ガール」宮木あや子著

公開日: 更新日:

 ファッション雑誌の編集者を志望して出版社に就職した悦子だったが、配属されたのは校閲部。それでも、いつか異動になると信じて完璧に仕事をこなしていた。

 目下、取り組んでいるのは、エロミステリー界の大御所・本郷の作品だ。前回、本郷の作品を校閲した際に、悦子は登場人物の若い女性たちの古色蒼然とした言葉遣いに呆れ、参考資料を添付して突き返した。本郷は怒り、原稿も直さなかったが、なぜか今回も悦子を校閲に指名してきた。

 本郷の新作を読み込んだ悦子は、主人公の移動時間に誤りがあることに気づく。

 マイナーな校閲部門を舞台にした連作エンターテインメント。

(KADOKAWA 1200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る