「太安万侶の暗号(ゼロ)」園田豪著

公開日: 更新日:

 約7万年前、「神の約束の地」を目指し、中東ソハールを出発した船団は、スンダ大陸の南岸沿いを東進した後に北上。海の川(黒潮)に乗ってたどり着いた美しい土地で鳥の姿になった神に迎えられる。

 太陽神アテラーの後裔といわれる頭は、この地をア(天)に輝くワ(輪)「アワの国」と名付け、自らを太陽をつかさどる神「アテルヒ(天照日)の神ヒタチ」と名乗る。ヒタチの指示で、建設された壮大な神の宮に山奥から運び込まれた金色に輝く巨石が神のよりしろとして建てられる。それが現在の千曳神社(青森県上北郡)だという。

 小説と論考で「日の本の民」の起源に迫るシリーズ最新刊。

(郁朋社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  6. 6

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る