「太安万侶の暗号(ゼロ)」園田豪著

公開日: 更新日:

 約7万年前、「神の約束の地」を目指し、中東ソハールを出発した船団は、スンダ大陸の南岸沿いを東進した後に北上。海の川(黒潮)に乗ってたどり着いた美しい土地で鳥の姿になった神に迎えられる。

 太陽神アテラーの後裔といわれる頭は、この地をア(天)に輝くワ(輪)「アワの国」と名付け、自らを太陽をつかさどる神「アテルヒ(天照日)の神ヒタチ」と名乗る。ヒタチの指示で、建設された壮大な神の宮に山奥から運び込まれた金色に輝く巨石が神のよりしろとして建てられる。それが現在の千曳神社(青森県上北郡)だという。

 小説と論考で「日の本の民」の起源に迫るシリーズ最新刊。

(郁朋社 1800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  7. 7

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る