「絶対に受けたくない無駄な医療」室井一辰著

公開日: 更新日:

 転倒などで頭を打ったとき、日本では当たり前のようにCT検査が行われる。しかし、海外では“あまり実施しない方がよい検査”として研究が進んでいる。その理由は、被曝リスクだ。

 イギリスやオーストラリアで、CT検査を受けたことのある若者を対象に調査したところ、白血病や脳腫瘍、そしてがんの増加が明らかになったのだという。しかし、日本では念のため、そして医療機関にとっての利益のため、世界と比較しても突出した年間4000万件ものCT検査が行われているのが実態だ。本書では、医療経済ジャーナリストの著者が、ぎっくり腰のX線検査から前立腺がんのPSA検査まで、百害あって一利なしの“受けたくない医療100”を一挙公開する。

(日経BP社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  5. 5

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  9. 8

    また2ショットなし 綾瀬はるか“結婚報道”で私生活の深い謎

  10. 9

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  11. 10

    貯蓄額1500万円の家庭が実践する資産を増やす“4つの方法”

もっと見る