「ガタロ」ガタロ/絵、中間英敏/文

公開日: 更新日:

 広島・原爆ドームの近く、かつて「原爆スラム」と呼ばれた地域の跡地に立つ公営・公団アパート「基町アパート」。その中にある商店街の清掃員として働くガタロ氏が、仕事のかたわら描き続けてきた素描画を編んだ作品集。

 幼い頃から絵を描くのが好きで、芸大を目指して勉強したこともあるという氏だが、被爆2世で原因不明の体調不良に悩まされ、高校卒業後に勤務した印刷会社を皮切りにさまざまな職業を転々。30年前に帰郷して「最後の場所」と思い定めて今の仕事に就いたが、あまりにハードでくじけそうになり、掃除道具置き場で涙があふれてきたときに、「毎日使う道具が長年見知った友人のように思えた」という。

 モップや棒ズリ(ブラシ)、軍手、雑巾、そしてそれらを運ぶための自作の台車など、「汚い所をきれいにしていつも黙って立っているその友人たちの佇まいを、何よりも美しいと感じ」、その友人たちをモデルにした作品の数々。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  9. 8

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  10. 9

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

  11. 10

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

もっと見る