「ガタロ」ガタロ/絵、中間英敏/文

公開日:  更新日:

 広島・原爆ドームの近く、かつて「原爆スラム」と呼ばれた地域の跡地に立つ公営・公団アパート「基町アパート」。その中にある商店街の清掃員として働くガタロ氏が、仕事のかたわら描き続けてきた素描画を編んだ作品集。

 幼い頃から絵を描くのが好きで、芸大を目指して勉強したこともあるという氏だが、被爆2世で原因不明の体調不良に悩まされ、高校卒業後に勤務した印刷会社を皮切りにさまざまな職業を転々。30年前に帰郷して「最後の場所」と思い定めて今の仕事に就いたが、あまりにハードでくじけそうになり、掃除道具置き場で涙があふれてきたときに、「毎日使う道具が長年見知った友人のように思えた」という。

 モップや棒ズリ(ブラシ)、軍手、雑巾、そしてそれらを運ぶための自作の台車など、「汚い所をきれいにしていつも黙って立っているその友人たちの佇まいを、何よりも美しいと感じ」、その友人たちをモデルにした作品の数々。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る