「ガタロ」ガタロ/絵、中間英敏/文

公開日: 更新日:

 広島・原爆ドームの近く、かつて「原爆スラム」と呼ばれた地域の跡地に立つ公営・公団アパート「基町アパート」。その中にある商店街の清掃員として働くガタロ氏が、仕事のかたわら描き続けてきた素描画を編んだ作品集。

 幼い頃から絵を描くのが好きで、芸大を目指して勉強したこともあるという氏だが、被爆2世で原因不明の体調不良に悩まされ、高校卒業後に勤務した印刷会社を皮切りにさまざまな職業を転々。30年前に帰郷して「最後の場所」と思い定めて今の仕事に就いたが、あまりにハードでくじけそうになり、掃除道具置き場で涙があふれてきたときに、「毎日使う道具が長年見知った友人のように思えた」という。

 モップや棒ズリ(ブラシ)、軍手、雑巾、そしてそれらを運ぶための自作の台車など、「汚い所をきれいにしていつも黙って立っているその友人たちの佇まいを、何よりも美しいと感じ」、その友人たちをモデルにした作品の数々。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る