「ガタロ」ガタロ/絵、中間英敏/文

公開日:  更新日:

 広島・原爆ドームの近く、かつて「原爆スラム」と呼ばれた地域の跡地に立つ公営・公団アパート「基町アパート」。その中にある商店街の清掃員として働くガタロ氏が、仕事のかたわら描き続けてきた素描画を編んだ作品集。

 幼い頃から絵を描くのが好きで、芸大を目指して勉強したこともあるという氏だが、被爆2世で原因不明の体調不良に悩まされ、高校卒業後に勤務した印刷会社を皮切りにさまざまな職業を転々。30年前に帰郷して「最後の場所」と思い定めて今の仕事に就いたが、あまりにハードでくじけそうになり、掃除道具置き場で涙があふれてきたときに、「毎日使う道具が長年見知った友人のように思えた」という。

 モップや棒ズリ(ブラシ)、軍手、雑巾、そしてそれらを運ぶための自作の台車など、「汚い所をきれいにしていつも黙って立っているその友人たちの佇まいを、何よりも美しいと感じ」、その友人たちをモデルにした作品の数々。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  9. 9

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る