「照明を変えれば目がよくなる」結城未来著

公開日: 更新日:

 目の老化ともいえる白内障だが、進行を左右するのが“光の蓄積”。強い光を浴びる機会が多いスキーヤーなどは、白内障の発症時期が早いという。

 そして近年、目の老化を加速させるといわれているのがパソコンやスマートフォンが発するブルーライトで、強いものは角膜細胞を死滅させるという研究もあるほどだ。もちろん、パソコンやスマホが発するブルーライトはごく弱いが、仕事からプライベートまで長時間これらを使い続けた場合、若くても目の老化が表れるリスクが高くなると本書。

 ブルーライトを発するLED電球も、昼光色ではなくブルーライトが弱い電球色を選んだり、光が直接目に入らない位置に設置するなど、使い方を工夫する必要があるという。

(PHP研究所 840円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  3. 3

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  7. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  8. 8

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  9. 9

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る