• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「芸者でGO!」山本幸久著

 大学受験の失敗と失恋が重なった晴子は、女を磨こうと芸者になる。それから1年、弐々(にに)の名でお座敷に出る晴子は、今日は元看護師の茂蘭姐さんらとバスツアーの宴席に呼ばれる。バスガイドのいとこ・秀子が持ち込んできた仕事だ。女将の計らいで三味線と唄を任された晴子は、本番前に芸に厳しい茂蘭から練習ぶりを褒められ、うれしい。しかし、いざ客を前にすると今までになく緊張してしまう。さらに、年寄りばかりのツアー客の中に、なぜか元恋人の姿があった。(「よりを戻して」)

 八王子の置き屋「夢民」に在籍する5人の個性豊かな芸者たちを主人公にした連作小説集。

(実業之日本社 1500円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る