IWGPシリーズ最新刊を上梓した石田衣良氏に聞く

公開日:  更新日:

「IWGP」で何を思い浮かべるかで、年齢がバレるといっても過言ではない。プロレス団体? と思ったご仁は残念ながらオヤジに認定。97年に発表、ドラマ化され、若者の間で話題沸騰の人気作となった「池袋ウエストゲートパーク」の略称である。17年続く人気シリーズの最新作「憎悪のパレード」(文藝春秋 1500円)について、著者に心境を聞いた。

 池袋西口公園を舞台に、若者たちが暗躍するIWGPシリーズは、初作から数えて17年目に突入。今作は11作目となる。

「17年……もうそんなに経つんですねぇ。初期は評判悪くてね、池袋のイメージを著しく損なう、なんて区長が言っていたそうですからね(笑い)」

 今では池袋という街の変遷史であり、ガイドブック的要素も担う作品だ。

「当時は大沢在昌さんの『新宿鮫』があり、渋谷を舞台にしたJ文学みたいな小説もあったから。たまたまよく遊びに行っていた池袋を舞台に使っただけなんですけどね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る