「壮年世代のセックス」本

公開日:  更新日:

「いまさら」「年甲斐もなく」と鼻で笑っていても、実は心の奥底で情欲の炎を消しきれずにいる。人前で現役卒業・枯淡の境地を語る男ほど、自分の欲望を諦めきれていないともいう。そんな壮年世代に送る「セックス指南本」を紹介しよう。

 2010年発売以降、シリーズ累計18万部超え、とひそかに売れているのがこの文庫本だ。第1弾「40歳からの新・大人の愉しみ」は10万部を超える隠れたロングセラーとなっている。その第4弾が「ずっと現役で愉しむ大人の快楽」(永岡書店 680円)だ。

 著者は女性のライター・吉田潮氏。セックスや医療をテーマにした記事を執筆しているのだが、決して専門家ではない。ただのスキモノで、趣味が高じて出版に至ったそうだ。特別に新奇性のあるテクニック論でもなければ、医学的な研究理論に基づいたものでもない。ただシンプルに女性目線を生かした、壮年男性向けのハウツー本である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る