「壮年世代のセックス」本

公開日: 更新日:

「いまさら」「年甲斐もなく」と鼻で笑っていても、実は心の奥底で情欲の炎を消しきれずにいる。人前で現役卒業・枯淡の境地を語る男ほど、自分の欲望を諦めきれていないともいう。そんな壮年世代に送る「セックス指南本」を紹介しよう。

 2010年発売以降、シリーズ累計18万部超え、とひそかに売れているのがこの文庫本だ。第1弾「40歳からの新・大人の愉しみ」は10万部を超える隠れたロングセラーとなっている。その第4弾が「ずっと現役で愉しむ大人の快楽」(永岡書店 680円)だ。

 著者は女性のライター・吉田潮氏。セックスや医療をテーマにした記事を執筆しているのだが、決して専門家ではない。ただのスキモノで、趣味が高じて出版に至ったそうだ。特別に新奇性のあるテクニック論でもなければ、医学的な研究理論に基づいたものでもない。ただシンプルに女性目線を生かした、壮年男性向けのハウツー本である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る