「壮年世代のセックス」本

公開日: 更新日:

「いまさら」「年甲斐もなく」と鼻で笑っていても、実は心の奥底で情欲の炎を消しきれずにいる。人前で現役卒業・枯淡の境地を語る男ほど、自分の欲望を諦めきれていないともいう。そんな壮年世代に送る「セックス指南本」を紹介しよう。

 2010年発売以降、シリーズ累計18万部超え、とひそかに売れているのがこの文庫本だ。第1弾「40歳からの新・大人の愉しみ」は10万部を超える隠れたロングセラーとなっている。その第4弾が「ずっと現役で愉しむ大人の快楽」(永岡書店 680円)だ。

 著者は女性のライター・吉田潮氏。セックスや医療をテーマにした記事を執筆しているのだが、決して専門家ではない。ただのスキモノで、趣味が高じて出版に至ったそうだ。特別に新奇性のあるテクニック論でもなければ、医学的な研究理論に基づいたものでもない。ただシンプルに女性目線を生かした、壮年男性向けのハウツー本である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  4. 4

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る