• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「日本軍と日本兵」一ノ瀬俊也著

 最後に苛酷な新兵イジメでいまだに悪名高い大日本帝国陸軍の場合はどうだったのだろうか。本書は旧日本軍の軍隊研究の若手代表による新著。敵方の米軍の内部資料に描かれた日本兵の姿を通して日本軍を語るという新趣向だ。

 日本人が頑強で、死ぬまで戦うという「超人」伝説が米兵を恐れさせたという。他方、いったん予期せぬ事態が起こるとパニックを引き起こす傾向にあるとも観察される。出征した都会出身の日本兵にはアメリカ映画の影響でお気に入りの米国人スターがいたともいう。「敵という鏡」に映った日本兵の不思議な素顔。

(講談社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  8. 8

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  9. 9

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  10. 10

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

もっと見る