「日本軍と日本兵」一ノ瀬俊也著

公開日: 更新日:

 最後に苛酷な新兵イジメでいまだに悪名高い大日本帝国陸軍の場合はどうだったのだろうか。本書は旧日本軍の軍隊研究の若手代表による新著。敵方の米軍の内部資料に描かれた日本兵の姿を通して日本軍を語るという新趣向だ。

 日本人が頑強で、死ぬまで戦うという「超人」伝説が米兵を恐れさせたという。他方、いったん予期せぬ事態が起こるとパニックを引き起こす傾向にあるとも観察される。出征した都会出身の日本兵にはアメリカ映画の影響でお気に入りの米国人スターがいたともいう。「敵という鏡」に映った日本兵の不思議な素顔。

(講談社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大内裕和氏 民間背後の教育改革は格差拡大の失敗繰り返す

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    羽賀研二vs梅宮アンナ“平成のバカップル”騒動が完全決着

  6. 6

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  7. 7

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  8. 8

    51歳でも2時間“歌って踊れる” 元CHA-CHA木野正人さんは今

  9. 9

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  10. 10

    上場を目指す企業が入居ビルを適当に選んではいけない理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る