「日本軍と日本兵」一ノ瀬俊也著

公開日:  更新日:

 最後に苛酷な新兵イジメでいまだに悪名高い大日本帝国陸軍の場合はどうだったのだろうか。本書は旧日本軍の軍隊研究の若手代表による新著。敵方の米軍の内部資料に描かれた日本兵の姿を通して日本軍を語るという新趣向だ。

 日本人が頑強で、死ぬまで戦うという「超人」伝説が米兵を恐れさせたという。他方、いったん予期せぬ事態が起こるとパニックを引き起こす傾向にあるとも観察される。出征した都会出身の日本兵にはアメリカ映画の影響でお気に入りの米国人スターがいたともいう。「敵という鏡」に映った日本兵の不思議な素顔。

(講談社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る