「『血圧147』で薬は飲むな」大櫛陽一著

公開日: 更新日:

「日本高血圧学会」では上が140、下が90以上を高血圧とし、この基準をメタボ検診などで使用してきた。ところが今年、「日本人間ドック学会」は正常値の上限を上147、下94に引き上げることを発表。医学界などが猛反発し、大手マスコミもこの新基準潰しの報道を行った。

 しかし、世界を見ればどちらが正しいかは明らかで、アメリカで高血圧と診断されるのは60歳以上で上が150以上の場合。また、ヨーロッパでは性別や年齢によって血圧のリスクは異なるとされているのに、高血圧学会の基準は老若男女問わず130以上が高血圧と、非常にザックリとしたものだったのだ。他にも本書では、血糖値やコレステロールの理想的な数値や、その根拠なども明らかにしていく。

(小学館 1100円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  6. 6

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る