「ロボコン」ニール・バスコム著、松本剛史訳、松井龍哉・日本版監修

公開日:  更新日:

 物語の舞台は、カリフォルニア州ゴリータにあるドスプエブロス高校。人種も家庭事情も異なる雑多な生徒が集まるこの高校に、アメリカの教育に革命を起こそうという夢を抱く物理教師シャイア・アミールがいた。

 改革の突破口となるのは、全米最大の高校生ロボコン「FIRSTロボットコンテスト」への出場だ。ロボットづくりは全くの初心者という4年生たちが、ロボットの設計から工作、組み立て、配線、プログラミングまですべてをまとめて大会に臨まなければならない。

 限られた時間のなかで、果たして高校生たちはどのような変化を遂げたのか……。

 本書は、実際のFIRSTロボットコンテスト選手権に参加したひとつのチームを、製作期間から本選に至るまで追いかけ、個性豊かな高校生たちの姿をリアルに描いた青春ノンフィクション。学ぶ意欲を失い、バラバラだった子どもたちが、自信を取り戻しチームづくりに目覚めていく様子が頼もしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る