「ロボコン」ニール・バスコム著、松本剛史訳、松井龍哉・日本版監修

公開日: 更新日:

 物語の舞台は、カリフォルニア州ゴリータにあるドスプエブロス高校。人種も家庭事情も異なる雑多な生徒が集まるこの高校に、アメリカの教育に革命を起こそうという夢を抱く物理教師シャイア・アミールがいた。

 改革の突破口となるのは、全米最大の高校生ロボコン「FIRSTロボットコンテスト」への出場だ。ロボットづくりは全くの初心者という4年生たちが、ロボットの設計から工作、組み立て、配線、プログラミングまですべてをまとめて大会に臨まなければならない。

 限られた時間のなかで、果たして高校生たちはどのような変化を遂げたのか……。

 本書は、実際のFIRSTロボットコンテスト選手権に参加したひとつのチームを、製作期間から本選に至るまで追いかけ、個性豊かな高校生たちの姿をリアルに描いた青春ノンフィクション。学ぶ意欲を失い、バラバラだった子どもたちが、自信を取り戻しチームづくりに目覚めていく様子が頼もしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  4. 4

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  5. 5

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  6. 6

    田中みな実は燃え尽き?ジャニーズ事務所も恐れる次の一手

  7. 7

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  8. 8

    小学生も新型コロナ感染で…結婚式や卒業式はどうなる?

  9. 9

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  10. 10

    行方不明の愛犬と3年後…1500㎞離れた場所で奇跡的な再会

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る