「万病を予防する「いいふくらはぎ」の作り方」大内晃一著

公開日:  更新日:

“第2の心臓”と呼ばれるふくらはぎのマッサージがブームとなっている。血流を良くするためのマッサージはもちろん有効だが、本書では揉むだけでなく、食や生活の習慣によって健康なふくらはぎをつくるポイントを紹介していく。

 例えば、葉緑素を積極的に取ること。ヨモギやホウレンソウ、アシタバなどに豊富な葉緑素は、造血機能を促進して細胞活動を活発にする。よい血液からはよい筋細胞がつくられ、ふくらはぎにもよい筋肉がついて全身の血行を活発にしてくれる。

 また、ハイソックスをはいたりお灸をするなどして、ふくらはぎを温める習慣をつけるのもお勧めだ。筋肉の柔軟性が高まり、新陳代謝も高まって胃腸や泌尿器にもよい効果が期待できるという。

(講談社 800円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る