• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人生の悩みはお風呂で消える」小山竜央著

 真面目に頑張っている人ほどストレスに苦しめられがちな現代社会。つらい気持ちを癒やしながら、人生を前向きなものに変えてくれる場所が、他でもない「お風呂」であると本書。

 たまった悩みをクリアにするには、瞑想によって自分を客観視するのが効果的だが、これに最も適しているのが、ひとりになって静かにリラックスできるお風呂なのだ。

 まず、浴室に向かう前に5分ほどで頭の中に悩みをリストアップしておく。そして、湯船のお湯は汗をかかない程度のぬるめにし、時計や給湯器パネルなど時間が分かるようなものは隠しておくのがいい。

 心地良い空間で自分と深く向き合うことで、思考がシンプルになり、“悩みぐせ”も解消されることだろう。

(KADOKAWA 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る