日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「人生の悩みはお風呂で消える」小山竜央著

 真面目に頑張っている人ほどストレスに苦しめられがちな現代社会。つらい気持ちを癒やしながら、人生を前向きなものに変えてくれる場所が、他でもない「お風呂」であると本書。

 たまった悩みをクリアにするには、瞑想によって自分を客観視するのが効果的だが、これに最も適しているのが、ひとりになって静かにリラックスできるお風呂なのだ。

 まず、浴室に向かう前に5分ほどで頭の中に悩みをリストアップしておく。そして、湯船のお湯は汗をかかない程度のぬるめにし、時計や給湯器パネルなど時間が分かるようなものは隠しておくのがいい。

 心地良い空間で自分と深く向き合うことで、思考がシンプルになり、“悩みぐせ”も解消されることだろう。

(KADOKAWA 1300円)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事