「がん患者3万人と向きあった医師が語る正直ながんのはなし」西尾正道著

公開日: 更新日:

 男性は約55%、女性は45%ががんにかかる現代だが、5年生存率は40年間で平均10%も上がっており、正しい治療を行えば治る病気となっている。本書では、放射線治療の第一人者として40年間がんと向き合ってきた著者が、体に負担の少ない放射線治療の最前線を明らかにしている。

 前立腺がんでは手術とホルモン療法が主体だったが、手術と同等の成績が得られ、かつ性機能の温存率も高い放射線治療に注目が集まっている。温存率は手術で20~30%であるのに対し、放射線は70~80%と高く、治療後のQOL(生活の質)に大きな違いがあることが分かる。

 他にも、高齢者に対する放射線治療の意義や、TPPで変わるがん治療の現場についても取り上げていく。
(旬報社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る