「がん患者3万人と向きあった医師が語る正直ながんのはなし」西尾正道著

公開日: 更新日:

 男性は約55%、女性は45%ががんにかかる現代だが、5年生存率は40年間で平均10%も上がっており、正しい治療を行えば治る病気となっている。本書では、放射線治療の第一人者として40年間がんと向き合ってきた著者が、体に負担の少ない放射線治療の最前線を明らかにしている。

 前立腺がんでは手術とホルモン療法が主体だったが、手術と同等の成績が得られ、かつ性機能の温存率も高い放射線治療に注目が集まっている。温存率は手術で20~30%であるのに対し、放射線は70~80%と高く、治療後のQOL(生活の質)に大きな違いがあることが分かる。

 他にも、高齢者に対する放射線治療の意義や、TPPで変わるがん治療の現場についても取り上げていく。
(旬報社 1400円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る