「インターネット・ゲーム依存症」岡田尊司氏

公開日:  更新日:

 スマートフォンの普及によって、どこでもインターネットゲーム(ネトゲ)ができるようになり、ラインやフェイスブックも頻繁にチェックするので、子どもたちの寝床は不夜城になった。

「いま日本で起きている事態は、子どもや若者の現在だけでなく、未来までも破壊しかねない危険なものだと知ってほしいと思い、この本を書きました。時間が奪われるだけではなく、脳の機能低下や脳の萎縮までもが起きてしまうのです」

 最新の画像解析によると、ネット依存者の脳内は、覚醒剤依存症と同じような神経ネットワークの乱れが見られる。

「24時間、寝室でもスロットマシンができるラスベガスの特別室に暮らしているようなものです。覚醒剤や麻薬の依存と変わりません」

 代表的なオンラインゲーム「ワールド・オブ・ウォークラフト」は700万人がプレーしているという。非日常的な興奮、オンラインの仲間からの承認、戦果をあげる達成感が魅力だが、怖いのは、現実生活でつまずいたとき、依存の泥沼に入り込みやすいこと。目先の興奮や楽しさのために、やるべきことができなくなる罠に、子どもや若者がはまりつつあると警鐘を鳴らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る