• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「インターネット・ゲーム依存症」岡田尊司氏

 スマートフォンの普及によって、どこでもインターネットゲーム(ネトゲ)ができるようになり、ラインやフェイスブックも頻繁にチェックするので、子どもたちの寝床は不夜城になった。

「いま日本で起きている事態は、子どもや若者の現在だけでなく、未来までも破壊しかねない危険なものだと知ってほしいと思い、この本を書きました。時間が奪われるだけではなく、脳の機能低下や脳の萎縮までもが起きてしまうのです」

 最新の画像解析によると、ネット依存者の脳内は、覚醒剤依存症と同じような神経ネットワークの乱れが見られる。

「24時間、寝室でもスロットマシンができるラスベガスの特別室に暮らしているようなものです。覚醒剤や麻薬の依存と変わりません」

 代表的なオンラインゲーム「ワールド・オブ・ウォークラフト」は700万人がプレーしているという。非日常的な興奮、オンラインの仲間からの承認、戦果をあげる達成感が魅力だが、怖いのは、現実生活でつまずいたとき、依存の泥沼に入り込みやすいこと。目先の興奮や楽しさのために、やるべきことができなくなる罠に、子どもや若者がはまりつつあると警鐘を鳴らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  9. 9

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る