「狂信者」江上剛氏

公開日: 更新日:

 フリーライターの堤慎平は、湯浅晃一郎に請われて彼が率いるユアサ投資顧問会社に入社した。厚生年金基金の運用をしているはずの会社で堤が見たのは、天下りの役人の斡旋によって国民の年金基金が吸い寄せられ、消えていくからくりだった。

 金融の世界を描き続けている江上氏が本作を書くきっかけになったのは、2012年、厚生年金基金の投資顧問AIJの運用資産の大半が消失しているという、衝撃的な事実が発覚したことだった。

「サラリーマンの将来の生活の原資が消えてなくなってしまう。それなのにだまされる人がたくさんいるというのは、作品のテーマとしておもしろいのではないかと思ったのが動機ですね」

 まだキャリアの浅いフリーライターの堤の視点で、37歳の湯浅にまとわりつく魑魅魍魎の世界が描かれているが、この2人を主役にしたのには理由がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  5. 5

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  10. 10

    小室圭さん突然文書を発表…“言い訳&反論”でケジメなるか

もっと見る

人気キーワード