• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「広重『名所江戸百景』の旅」安村敏信監修

 歌川広重の遺作にして最高傑作として知られ、かのゴッホやモネら西洋の巨匠たちにも影響を与えた「名所江戸百景」全119作品を解説したアートムック。

 浮世絵は、地方の人が江戸土産として買うもので、江戸名所と銘打つならば本来は「ここに行ってきた」と自慢できるような名所の「押さえどころ」が描かれなければならない。ところが、広重が描くと、日本橋も橋の欄干の一部と棒手振りが担ぐ桶の中のカツオの図になってしまう。題名に「日本橋江戸ばし」とあっても、それが日本橋とは分からない風景だが、江戸っ子には擬宝珠のかたちからすぐにそれと分かり、橋のたもとにある魚河岸から仕入れた初ガツオを売りに行くところだと絵の背景まで察していたはずだという。

 花見も桜の名所として知られている道灌山から少し離れた「日暮里諏訪の台」を描いてみたり、名所とは名ばかりで、江戸っ子たちにも知られていない場所も描かれており、このシリーズは江戸の新しい魅力を江戸っ子たちに向けて発信する意図があったようだと監修者の安村氏は推測する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る