「広重『名所江戸百景』の旅」安村敏信監修

公開日: 更新日:

 歌川広重の遺作にして最高傑作として知られ、かのゴッホやモネら西洋の巨匠たちにも影響を与えた「名所江戸百景」全119作品を解説したアートムック。

 浮世絵は、地方の人が江戸土産として買うもので、江戸名所と銘打つならば本来は「ここに行ってきた」と自慢できるような名所の「押さえどころ」が描かれなければならない。ところが、広重が描くと、日本橋も橋の欄干の一部と棒手振りが担ぐ桶の中のカツオの図になってしまう。題名に「日本橋江戸ばし」とあっても、それが日本橋とは分からない風景だが、江戸っ子には擬宝珠のかたちからすぐにそれと分かり、橋のたもとにある魚河岸から仕入れた初ガツオを売りに行くところだと絵の背景まで察していたはずだという。

 花見も桜の名所として知られている道灌山から少し離れた「日暮里諏訪の台」を描いてみたり、名所とは名ばかりで、江戸っ子たちにも知られていない場所も描かれており、このシリーズは江戸の新しい魅力を江戸っ子たちに向けて発信する意図があったようだと監修者の安村氏は推測する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  3. 3

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  4. 4

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  5. 5

    菅政権に“地獄の2週間” 宣言延長と五輪中止は「5.28決着」

  6. 6

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    浜崎あゆみ第2子出産報告に「窮屈さ」を感じるのはなぜか

  9. 9

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  10. 10

    夏目三久は有吉弘行を従えて…2ショットに見る“夫婦の形”

もっと見る

人気キーワード