「桑港特急」山本一力著

公開日:  更新日:

 文政13年、清水港から吉原へと売られる娘4人が乗った船が出港したが、途中嵐に遭って小笠原の父島へと流れ着いた。船乗りたちはみな海に落ち、助かったのは女たちだけ。16歳だったみすずは、父島に住みついていた元捕鯨船乗りのアメリカ人ジム・ガーナーと結婚し、丈二、子温と名付けた2人の息子に恵まれる。

 やがて立派な青年となった2人は、父島に寄港した米国の捕鯨船に乗っていた土佐生まれの日本人ジョン・マンと出会い、未知の世界への憧れを募らせる。ちょうどその頃、アメリカ西海岸はゴールドラッシュで、一獲千金を夢見る人たちが大勢集まり始めており、そこに商機を見いだした上海のチャンタオとルーパンが西海岸を目指して太平洋へ出港。彼らが父島に立ち寄ったのを機に、丈二と子温は彼らと一緒に新大陸を目指すのだが……。

 運命の荒波にさらされながら生き抜いた兄弟の成長を描いた大冒険活劇。生き馬の目を抜く世界を生き生きと描いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る