「桑港特急」山本一力著

公開日: 更新日:

 文政13年、清水港から吉原へと売られる娘4人が乗った船が出港したが、途中嵐に遭って小笠原の父島へと流れ着いた。船乗りたちはみな海に落ち、助かったのは女たちだけ。16歳だったみすずは、父島に住みついていた元捕鯨船乗りのアメリカ人ジム・ガーナーと結婚し、丈二、子温と名付けた2人の息子に恵まれる。

 やがて立派な青年となった2人は、父島に寄港した米国の捕鯨船に乗っていた土佐生まれの日本人ジョン・マンと出会い、未知の世界への憧れを募らせる。ちょうどその頃、アメリカ西海岸はゴールドラッシュで、一獲千金を夢見る人たちが大勢集まり始めており、そこに商機を見いだした上海のチャンタオとルーパンが西海岸を目指して太平洋へ出港。彼らが父島に立ち寄ったのを機に、丈二と子温は彼らと一緒に新大陸を目指すのだが……。

 運命の荒波にさらされながら生き抜いた兄弟の成長を描いた大冒険活劇。生き馬の目を抜く世界を生き生きと描いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  4. 4

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  5. 5

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  6. 6

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  7. 7

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  8. 8

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

もっと見る

人気キーワード