「サッカー界の巨大な闇」ブレット・フォレスト著、堤理華訳

公開日: 更新日:

 スペインリーグ時代の八百長疑惑により、わずか半年で解任となったサッカー日本代表監督のアギーレ氏。しかしこのような八百長問題は、現代のサッカー界では珍しいことではなくなっている。

 ブレット・フォレスト著、堤理華訳「サッカー界の巨大な闇」では、国際サッカー連盟の初代保安部長や、数多くの八百長試合を演出した仕掛け人への徹底取材を敢行。賭博市場として巨大化したサッカー界の暗部に斬り込んでいる。

 現在、捜査が進められているサッカー界の八百長問題は、世界60カ国にも及ぶ。各国警察と連携するインターポールの試算では、毎年1兆ドルがサッカーの試合に賭けられているというから驚きだ。

 2011~12年に発覚したイタリアの八百長スキャンダルでは、15のサッカークラブと24人の選手やコーチが八百長に加担していたことが明るみに出た。アフリカサッカー連盟では八百長疑惑に基づき、ジンバブエ代表を含む80人を出場停止処分にした。韓国では八百長に絡んで57人が起訴され、選手2人が自殺する事態となった。このような事例は、世界中に広がっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  3. 3

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  4. 4

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  5. 5

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  6. 6

    安倍政権の逃げ切りを許せば、日本の民主主義の未来はない

  7. 7

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  8. 8

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  9. 9

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  10. 10

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る