「サッカー界の巨大な闇」ブレット・フォレスト著、堤理華訳

公開日:  更新日:

 スペインリーグ時代の八百長疑惑により、わずか半年で解任となったサッカー日本代表監督のアギーレ氏。しかしこのような八百長問題は、現代のサッカー界では珍しいことではなくなっている。

 ブレット・フォレスト著、堤理華訳「サッカー界の巨大な闇」では、国際サッカー連盟の初代保安部長や、数多くの八百長試合を演出した仕掛け人への徹底取材を敢行。賭博市場として巨大化したサッカー界の暗部に斬り込んでいる。

 現在、捜査が進められているサッカー界の八百長問題は、世界60カ国にも及ぶ。各国警察と連携するインターポールの試算では、毎年1兆ドルがサッカーの試合に賭けられているというから驚きだ。

 2011~12年に発覚したイタリアの八百長スキャンダルでは、15のサッカークラブと24人の選手やコーチが八百長に加担していたことが明るみに出た。アフリカサッカー連盟では八百長疑惑に基づき、ジンバブエ代表を含む80人を出場停止処分にした。韓国では八百長に絡んで57人が起訴され、選手2人が自殺する事態となった。このような事例は、世界中に広がっているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る