「夫婦で楽しむ、ファスティング入門」 山田豊文、船瀬俊介著

公開日:  更新日:

 近年、話題の健康法として注目されている「ファスティング(少食・断食)」。短期間でカロリーを大幅に制限することで体内の長寿遺伝子がオンになり、老化を防ぐほか、疲れにくくなったり頭が冴えて仕事がはかどるなど、さまざまな効果が期待できるという。

 しかし、ひとりで行うと空腹に耐えられず挫折してしまうかもしれない。そこで本書は、夫婦でのファスティングを勧めている。ふたりで健康になれるだけでなく、お互いに励まし合えたり、家計の食費が浮く分を趣味などに回せたり、同じ目的を共有するので夫婦仲にも有効に作用するはずだ。休日に行える1日ファスティングの実践例も紹介。食事の代わりに取る、果物と野菜を使った手作りジュースのレシピも掲載している。

(三五館 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る