「医者いらずの老い方」 石川恭三著

公開日:  更新日:

 心臓病学の権威であり、医者人生50年の著者が教える“良い老い方”のヒント集。

 例えば、何事も良いことに軸足を置き、楽観的に考えるクセをつけること。年を取り、目は白内障もなくよく見えるが、耳が遠くなったとする。悲観的なものの考え方をする人は、「目は大丈夫だが耳が遠くて困る」と言う。一方、楽観的な人は「耳は遠いが目はよく見えて助かる」と言うだろう。

 産業医科大学の研究グループが4000人を対象に7年間にわたる調査をしたところ、年齢・喫煙・疾患などの条件が同じでも、「自分は健康ではない」と思っていた人の死亡率は、「自分は健康だ」と思っていた人の2倍も高い結果になったという。

 心身ともに健康なままで、上手に年を取りたいものだ。

(河出書房新社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る