「医者いらずの老い方」 石川恭三著

公開日: 更新日:

 心臓病学の権威であり、医者人生50年の著者が教える“良い老い方”のヒント集。

 例えば、何事も良いことに軸足を置き、楽観的に考えるクセをつけること。年を取り、目は白内障もなくよく見えるが、耳が遠くなったとする。悲観的なものの考え方をする人は、「目は大丈夫だが耳が遠くて困る」と言う。一方、楽観的な人は「耳は遠いが目はよく見えて助かる」と言うだろう。

 産業医科大学の研究グループが4000人を対象に7年間にわたる調査をしたところ、年齢・喫煙・疾患などの条件が同じでも、「自分は健康ではない」と思っていた人の死亡率は、「自分は健康だ」と思っていた人の2倍も高い結果になったという。

 心身ともに健康なままで、上手に年を取りたいものだ。

(河出書房新社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  2. 2

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  5. 5

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  6. 6

    「なるほど!ザ・ワールド」名物リポーター迫文代さんは今

  7. 7

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  8. 8

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  9. 9

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  10. 10

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る