「医者いらずの老い方」 石川恭三著

公開日:  更新日:

 心臓病学の権威であり、医者人生50年の著者が教える“良い老い方”のヒント集。

 例えば、何事も良いことに軸足を置き、楽観的に考えるクセをつけること。年を取り、目は白内障もなくよく見えるが、耳が遠くなったとする。悲観的なものの考え方をする人は、「目は大丈夫だが耳が遠くて困る」と言う。一方、楽観的な人は「耳は遠いが目はよく見えて助かる」と言うだろう。

 産業医科大学の研究グループが4000人を対象に7年間にわたる調査をしたところ、年齢・喫煙・疾患などの条件が同じでも、「自分は健康ではない」と思っていた人の死亡率は、「自分は健康だ」と思っていた人の2倍も高い結果になったという。

 心身ともに健康なままで、上手に年を取りたいものだ。

(河出書房新社 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る