「十九世紀イギリス自転車事情」坂元正樹著

公開日: 更新日:

 19世紀に英国で生まれた前輪が著しく大きい「オーディナリ自転車」についての研究書。

 前輪をペダルでこいで進む自転車は1863年に発明され、67年のパリ万博で広まった。時同じく、オーディナリ自転車は、69年ごろ製作が始まり、ベアリングの採用などの技術革新で自転車の標準的な形態として普及。当時の人は趣味的楽しみとして自転車に乗り、娯楽・スポーツとして成長していった。この時代に既にレースや自転車旅行が盛んに行われたが、わずか十数年で自転車は現代の形へと変化していく。豊富な資料で当時の「自転車ブーム」を検証しながら、オーディナリ自転車の誕生と消滅の理由を探る。

(共和国3700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  5. 5

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  6. 6

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  7. 7

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  8. 8

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  9. 9

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る