「十九世紀イギリス自転車事情」坂元正樹著

公開日:  更新日:

 19世紀に英国で生まれた前輪が著しく大きい「オーディナリ自転車」についての研究書。

 前輪をペダルでこいで進む自転車は1863年に発明され、67年のパリ万博で広まった。時同じく、オーディナリ自転車は、69年ごろ製作が始まり、ベアリングの採用などの技術革新で自転車の標準的な形態として普及。当時の人は趣味的楽しみとして自転車に乗り、娯楽・スポーツとして成長していった。この時代に既にレースや自転車旅行が盛んに行われたが、わずか十数年で自転車は現代の形へと変化していく。豊富な資料で当時の「自転車ブーム」を検証しながら、オーディナリ自転車の誕生と消滅の理由を探る。

(共和国3700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る