• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「十九世紀イギリス自転車事情」坂元正樹著

 19世紀に英国で生まれた前輪が著しく大きい「オーディナリ自転車」についての研究書。

 前輪をペダルでこいで進む自転車は1863年に発明され、67年のパリ万博で広まった。時同じく、オーディナリ自転車は、69年ごろ製作が始まり、ベアリングの採用などの技術革新で自転車の標準的な形態として普及。当時の人は趣味的楽しみとして自転車に乗り、娯楽・スポーツとして成長していった。この時代に既にレースや自転車旅行が盛んに行われたが、わずか十数年で自転車は現代の形へと変化していく。豊富な資料で当時の「自転車ブーム」を検証しながら、オーディナリ自転車の誕生と消滅の理由を探る。

(共和国3700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る