宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

冗舌な風景を支える、無口なデザイン

公開日: 更新日:

「UYUNI iS YOU」TABIPPO

 あらかじめデザインされた空と大地、とは言い過ぎか。ウユニ塩湖。南米ボリビア、標高3700メートルにある塩の平原。刻々と変化する風景の写真47枚を厳選・収録する。誤解なきよう、自然現象そのままの写真集。絵面を例えるなら「逆さ富士」「蜃気楼」といったところ。しかし、いくら絶景でも本写真集と比べると、それらはあまりに「地球的」、陳腐に見えるかもしれない。

 SF映画的/人工的とすら思えるほどに「整った」風景に驚嘆、言葉を失う。TV等で見聞きし知っていても、やはり呆然とし「絶句」するであろう。

 本書の作り手たちも、言葉による解説をとうにあきらめ、ひたすら絶句し続けているかのようだ。写真集でも、ここまで説明文が少ないのは珍しい。扉として差し込まれるのは「片艶晒クラフト紙」か、青い極小文字で短い英文と和文が数文字置かれるのみ。しかもこの紙、裏が透ける。表裏に刷られた文字同士の干渉を避けるべく裏面には、不透明ホワイトインキの、天地2・5ミリ幅の帯が走る(白い紙に白インキ。目を凝らさないと分からない繊細さ!)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  2. 2

    日韓外相会談物別れでも SNS映えに走る河野外相悪ノリ外遊

  3. 3

    コンクリートに7割消える「消費増税2兆円対策」のマヤカシ

  4. 4

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  5. 5

    滝クリ同居拒否は宣戦布告か?進次郎が怯える“嫁姑バトル”

  6. 6

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  7. 7

    マネジャー20人交代…友近に浮上したパワハラ疑惑の行方

  8. 8

    天皇陛下以外が過去の戦争に反省の言葉を発しなかった理由

  9. 9

    三菱UFJ銀行vs三井住友銀行の給与 老後の蓄えは1億円以上

  10. 10

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る