「洋楽日本盤のレコード・デザイン」植村和紀著

公開日:  更新日:

 ダウンロードによる音楽配信が当たり前の世代には、「ジャケ買い」なる言葉は死語どころか、もはやその意味さえも通じないかもしれない。ところが、ここ数年、アナログレコード復活の動きがにぎやかだという。本来の温かみのある自然音への回帰とともに、ジャケットのアートワークの魅力もその復活に大きく貢献しているようだ。

 本書は、日本独自のアートワークが施された往年の洋楽日本盤シングルのジャケットの世界を紹介するビジュアルブック。

 洋楽日本盤シングルの発売は、1950年代中頃から本格的に始まった。日本のロックンロールの扉を開けたエルヴィス・プレスリーの「ハートブレーク・ホテル」(56年)のように、当初はオリジナルのタイトル表記やデザインを踏襲したものが多かった。50年代後半になると、邦題を入れた独自のジャケットが増えてくる。中にはナンシー・シナトラの「リンゴのためいき」(63年)のように原題(THINK OF ME)とは全く関係ない邦題がつけられたものもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る