「洋楽日本盤のレコード・デザイン」植村和紀著

公開日: 更新日:

 ダウンロードによる音楽配信が当たり前の世代には、「ジャケ買い」なる言葉は死語どころか、もはやその意味さえも通じないかもしれない。ところが、ここ数年、アナログレコード復活の動きがにぎやかだという。本来の温かみのある自然音への回帰とともに、ジャケットのアートワークの魅力もその復活に大きく貢献しているようだ。

 本書は、日本独自のアートワークが施された往年の洋楽日本盤シングルのジャケットの世界を紹介するビジュアルブック。

 洋楽日本盤シングルの発売は、1950年代中頃から本格的に始まった。日本のロックンロールの扉を開けたエルヴィス・プレスリーの「ハートブレーク・ホテル」(56年)のように、当初はオリジナルのタイトル表記やデザインを踏襲したものが多かった。50年代後半になると、邦題を入れた独自のジャケットが増えてくる。中にはナンシー・シナトラの「リンゴのためいき」(63年)のように原題(THINK OF ME)とは全く関係ない邦題がつけられたものもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    確定申告電話相談センターに医療費控除あれこれ聞いてみた

  5. 5

    公的年金控除額一律10万円引き下げ「確定申告」で取り戻す

  6. 6

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  9. 9

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  10. 10

    槇原逮捕で論争「世界に一つだけの花」が放送禁止になる日

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る