「洋楽日本盤のレコード・デザイン」植村和紀著

公開日: 更新日:

 ダウンロードによる音楽配信が当たり前の世代には、「ジャケ買い」なる言葉は死語どころか、もはやその意味さえも通じないかもしれない。ところが、ここ数年、アナログレコード復活の動きがにぎやかだという。本来の温かみのある自然音への回帰とともに、ジャケットのアートワークの魅力もその復活に大きく貢献しているようだ。

 本書は、日本独自のアートワークが施された往年の洋楽日本盤シングルのジャケットの世界を紹介するビジュアルブック。

 洋楽日本盤シングルの発売は、1950年代中頃から本格的に始まった。日本のロックンロールの扉を開けたエルヴィス・プレスリーの「ハートブレーク・ホテル」(56年)のように、当初はオリジナルのタイトル表記やデザインを踏襲したものが多かった。50年代後半になると、邦題を入れた独自のジャケットが増えてくる。中にはナンシー・シナトラの「リンゴのためいき」(63年)のように原題(THINK OF ME)とは全く関係ない邦題がつけられたものもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  4. 4

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  7. 7

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  8. 8

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

  9. 9

    【侍ジャパン】稲葉監督にズバリ不安あり!サヨナラ逆転勝利で霞んだ“迷采配”ぶりを検証

  10. 10

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

もっと見る

人気キーワード