• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」菅原光博、藤田正著

 かつて「神」とまで言われたレゲエ・ミュージシャン、ボブ・マーリーが生まれて今年で70年。1981年、がんでわずか36歳という若さで早世した彼の生涯を、1979年に行った最初で最後の日本公演の記録を中心とした写真とともに振り返るビジュアルブック。

 ボブ・マーリーとの出会いに「人生の中でもっとも素晴らしく、大きな影響を受けた」と語る写真家の菅原氏は、記者会見、そして東京で行われた4日間全6回のステージに密着して「一生に一度の、すべてを注ぎ込んだ」撮影を敢行。ザ・ウェイラーズのメンバーと共に記者会見に臨んだボブの素顔は、トレードマークのドレッドロックスを振り回すステージでのエネルギッシュな姿とは対照的に理知的で静かさをたたえている。

 ボブ・マーリーは1945年2月、ジャマイカの山村ナイン・マイルで生まれた。母親は17歳の黒人で、年の離れた父親は首都から仕事で当地に来た軍人で実業家の白人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

もっと見る