「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」菅原光博、藤田正著

公開日: 更新日:

 かつて「神」とまで言われたレゲエ・ミュージシャン、ボブ・マーリーが生まれて今年で70年。1981年、がんでわずか36歳という若さで早世した彼の生涯を、1979年に行った最初で最後の日本公演の記録を中心とした写真とともに振り返るビジュアルブック。

 ボブ・マーリーとの出会いに「人生の中でもっとも素晴らしく、大きな影響を受けた」と語る写真家の菅原氏は、記者会見、そして東京で行われた4日間全6回のステージに密着して「一生に一度の、すべてを注ぎ込んだ」撮影を敢行。ザ・ウェイラーズのメンバーと共に記者会見に臨んだボブの素顔は、トレードマークのドレッドロックスを振り回すステージでのエネルギッシュな姿とは対照的に理知的で静かさをたたえている。

 ボブ・マーリーは1945年2月、ジャマイカの山村ナイン・マイルで生まれた。母親は17歳の黒人で、年の離れた父親は首都から仕事で当地に来た軍人で実業家の白人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  4. 4

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  7. 7

    安倍首相グルメ三昧 コロナ対策会議わずか10分のデタラメ

  8. 8

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  9. 9

    ビートたけし略奪婚の結末 兄&姉は妻A子さん溺愛の不自然

  10. 10

    幹線道路沿い“売土地”が…地方はいつまでも成約しない現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る