「ボブ・マーリー よみがえるレゲエ・レジェンド」菅原光博、藤田正著

公開日:  更新日:

 かつて「神」とまで言われたレゲエ・ミュージシャン、ボブ・マーリーが生まれて今年で70年。1981年、がんでわずか36歳という若さで早世した彼の生涯を、1979年に行った最初で最後の日本公演の記録を中心とした写真とともに振り返るビジュアルブック。

 ボブ・マーリーとの出会いに「人生の中でもっとも素晴らしく、大きな影響を受けた」と語る写真家の菅原氏は、記者会見、そして東京で行われた4日間全6回のステージに密着して「一生に一度の、すべてを注ぎ込んだ」撮影を敢行。ザ・ウェイラーズのメンバーと共に記者会見に臨んだボブの素顔は、トレードマークのドレッドロックスを振り回すステージでのエネルギッシュな姿とは対照的に理知的で静かさをたたえている。

 ボブ・マーリーは1945年2月、ジャマイカの山村ナイン・マイルで生まれた。母親は17歳の黒人で、年の離れた父親は首都から仕事で当地に来た軍人で実業家の白人だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る