• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「第2次世界大戦 作戦マップ」マイケル・スウィフトほか著、福田希之ほか訳

 世界史の転換点となった第2次世界大戦のヨーロッパ戦線で実際に使用された作戦地図を編んだ大判ビジュアル史料。

 1939年9月3日、ポーランドに侵攻したドイツに、イギリスとフランスが宣戦布告し、第2次世界大戦の火ぶたが切られる。ポーランドに続いてオランダ、ベルギー、フランスを制覇したドイツは、次にイギリスに狙いを定め、イギリス空軍に攻撃を仕掛ける。1940年7月のこの「アシカ作戦」と名付けられたイギリス本土上陸作戦の計画地図をはじめ、各国政府機関から独自に入手し、イギリスの国立公文書館に保管された膨大なコレクションの中から厳選した重要作戦図140点を収録。

 その他、アシカ作戦と同時期、海からイギリスの輸送船に大打撃を与えたUボートの動きを示した地図や、23万の兵と1200両の戦車からなるイギリス軍とロンメル率いるドイツ・アフリカ軍団が戦ったエジプト「エル・アラメインの戦い」(1942年10月)、さらに「バルバロッサ作戦」をはじめとする1941年から42年にかけてのソ連での軍事行動を記したドイツ軍の公式雑誌「シグナル」に掲載された地図など、戦況を解説しながら紹介。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

もっと見る