宮城安総
著者のコラム一覧
宮城安総工作舎アートディレクター

1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

冗舌な風景を支える、無口なデザイン

公開日: 更新日:

 では、肝心の写真の印刷はどうか? 印刷インキや刷版(本番用の印刷原版)も、一筋縄ではいかない。担当した印刷所・サンエムカラーによると、油性・高輝度インキ+FMスクリーンで印刷されているとのこと。つまり、軽く明るい発色の特殊インキと、写真が持つ「情感」を漏れなく「版」に写しとる高度な技術が使われている。用意周到、読者の視線を写真の細部/深淵へと誘導する、芸の細かさが光る。

 ともあれ、写真集を眺めるとき「被写体の魅力」と「再現技術」のバランスに首をかしげることがままある。その点本書は、横長の判型からカバー・本文・インキ・製版まで「鉄板仕様」だ。「必然性」に裏打ちされた寡黙なデザインをご堪能あれ。

 鏡のように「反転した世界」について書くつもりが紙面が尽きた。またの機会にぜひ。(いろは出版 2700円+税)

▽みやぎ・あずさ 工作舎アートディレクター。1964年、宮城県生まれ。東北大学文学部仏文科卒。1990年代から単行本、企業パンフレット、ポスター、CDジャケットなど幅広く手掛ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  4. 4

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    台風で倒れたゴルフ場のポールで家屋投壊…責任はどこに?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る