「メガ! 巨大技術の現場へ、ゴー」成毛眞著

公開日:  更新日:

「こんな時代だからこそ、デッカいもの、見ようぜ!」を合言葉に、日常生活ではちょっとお目にかかれない巨大技術の現場を訪ね歩いたルポ。

 まずは先日、全線開通した「首都高速中央環状線」。工事中だった2013年秋、大橋ジャンクション(JCT)から大井JCTまでをトンネルでつなぐ品川線部分の工事現場に潜入した。

 外径12.55メートルと9.7メートルの2つのシールドマシンで掘削した2本のトンネルをつないで断面が楕円状の1本のトンネルを造る。地上への影響を最小限に抑えるため、資材を狭い縦穴から地下に運び込んで行う「非開削」工法で造られたトンネルは、8.4キロを掘っても誤差は数ミリという精緻さだ。

 一方、京浜工業地帯の人工島・扇島にある東京ガスのLNG(液化天然ガス)タンク「扇島4号」は、容量25万キロリットルと世界最大で、10万世帯が消費するガスの3年分に相当する。稼働したために今はもう見ることができないその内部は、気密性を確保するためにステンレス製のメンブレン(膜)が張り巡らされ、光輝く王宮のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る