• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?」中島恵著

 今年2月の春節、中国人観光客が日本で「爆買い」した金額は約1140億円。中でも、温水洗浄便座が飛ぶように売れたという。なぜ中国人がそれほどまでに日本製品に愛着を寄せるのか。本書は、メディアでは報じられない一般の中国人の日常や日本人に対する本音を紹介した中国本。

 中国はGDPで日本を抜いたけれども、公共インフラや便座が象徴する日用品の質、そしてサービスに至るまで埋めがたい格差がある。中国人はそんな日本の素晴らしさを認める一方でコンプレックスや被害者意識など複雑な感情を持っている。中国人の生の声を紹介しながら、お互いに理解を深めるためにはどうしたらいいのかを提案する。(中央公論新社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る