「なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?」中島恵著

公開日:  更新日:

 今年2月の春節、中国人観光客が日本で「爆買い」した金額は約1140億円。中でも、温水洗浄便座が飛ぶように売れたという。なぜ中国人がそれほどまでに日本製品に愛着を寄せるのか。本書は、メディアでは報じられない一般の中国人の日常や日本人に対する本音を紹介した中国本。

 中国はGDPで日本を抜いたけれども、公共インフラや便座が象徴する日用品の質、そしてサービスに至るまで埋めがたい格差がある。中国人はそんな日本の素晴らしさを認める一方でコンプレックスや被害者意識など複雑な感情を持っている。中国人の生の声を紹介しながら、お互いに理解を深めるためにはどうしたらいいのかを提案する。(中央公論新社 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る