• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「復興なんて、してません」渋井哲也ほか著

 東日本大震災の被災者15人の今を取材したドキュメント集。

 福島県富岡町で両親と妻、3人の子どもと暮らしていた伏見さん(33歳)は、原発の爆発に伴い、各地を転々と避難。両親と別れ、妻の実家がある岡山にたどり着いたが、会社が操業を再開したため、単身でいわき市へ戻る。今も家族がそろうのは、年に5回ほどだという。その他、児童教職員84人が津波の犠牲になった石巻市立大川小学校で一人息子を失い、責任の所在をはっきりさせるために県と市を相手に訴訟を起こした佐藤さん(53歳)など。あの日から時が止まったままの被災者のリアルな現実を伝える。(第三書館 926円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る