「戦後リベラルの終焉」池田信夫著

公開日: 更新日:

 常に論壇の主流だった「戦後リベラル」だが、全面講和や安保反対に始まり、反原発までスローガンに終わり、なにも変えることができなかったと著者は指摘。東大法学部出身者をはじめ、従軍慰安婦問題で大誤報を犯した朝日新聞まで、日本の知的エリートが敗北したのはなぜか、その原因を探る「敗者の戦後史」。

 朝日新聞が従軍慰安婦報道に走った背景から、自ら誤報を認め発表した真意まで検証。さらに3・11後にそれまでの原発推進から「原発ゼロ」へと方針転換した理由を解説する。

 その他、集団的自衛権行使容認を巡りメディアで発信する元官僚や古くは清水幾太郎などを俎上に、戦後リベラルの罪を問う。(PHP研究所 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  2. 2

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  5. 5

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  6. 6

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    櫻井政界進出まで見据えるも…二宮の結婚時期にファン憤慨

  9. 9

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

  10. 10

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る