「戦後リベラルの終焉」池田信夫著

公開日:  更新日:

 常に論壇の主流だった「戦後リベラル」だが、全面講和や安保反対に始まり、反原発までスローガンに終わり、なにも変えることができなかったと著者は指摘。東大法学部出身者をはじめ、従軍慰安婦問題で大誤報を犯した朝日新聞まで、日本の知的エリートが敗北したのはなぜか、その原因を探る「敗者の戦後史」。

 朝日新聞が従軍慰安婦報道に走った背景から、自ら誤報を認め発表した真意まで検証。さらに3・11後にそれまでの原発推進から「原発ゼロ」へと方針転換した理由を解説する。

 その他、集団的自衛権行使容認を巡りメディアで発信する元官僚や古くは清水幾太郎などを俎上に、戦後リベラルの罪を問う。(PHP研究所 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る