「『消せるボールペン』30年の開発物語」滝田誠一郎著

公開日:  更新日:

 2006年にフランスで先行発売されて以来、世界中で10億本以上も売れ続けているパイロットの消せるボールペン「フリクションボール」をはじめとするフリクションシリーズの開発物語。

 ボールペンなのに書いた字が消えるのは、専用ラバーでこすった摩擦熱でインクが透明化するから。シリーズに使われているこの「フリクションインキ」のルーツである温度変化によって色が変わる「メタモカラー」の基本原理は、1971年に発見され、4年後に特許を取得した。紅葉に着想して、色が変わるインクの開発に成功してから、筆記具として商品化するまで、30年以上に及ぶイノベーションの軌跡を、関係者らの取材から描く。(小学館 720円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る