「テレビの秘密」佐藤智恵著

公開日:  更新日:

 さまざまな立場でテレビ番組に携わってきた著者が、経営学的視点から視聴率競争の裏の裏を徹底分析したコラム集。

 2013年の夏、驚異的な視聴率を稼ぎだしたドラマ「半沢直樹」と翌春の「ルーズヴェルト・ゲーム」。同枠で同じ原作者・スタッフで制作された両作を隔てたものは何か。それは後者の主人公が社長だったからだと指摘し、ヒットの鍵は設定が握ると明かす。その他、NHKの朝の情報番組「あさイチ」が同時間帯視聴率で独走している理由、マツコ・デラックスが司会を務める番組が高い視聴率を獲得するのはなぜかなど。お馴染みの人気番組を俎上に、視聴率競争の勝者と敗者を分析しながらヒットのセオリーを導き出す。(新潮社 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る