「カフカの『城』他三篇」森泉岳士著

公開日:  更新日:

 表題作をはじめ、漱石の「こころ」(先生と私)、ポーの「盗まれた手紙」、ドストエフスキーの「鰐」という不朽の名作4作をコミック化した大判作品集。名だたる文豪たちの絢爛たる文章を凝縮して、さらにエッセンスだけを抽出したかのように、それぞれの作品をわずか16ページという短編に仕立て直した、まさに文芸とコミックが融合した新たなアートともいうべき完成度だ。

「城」はカフカの死後に発表された未完の長編小説。主人公がある日、目覚めると虫になっていたという「変身」で知られるカフカの小説だけに、この作品も登場人物たちの会話からして読者を翻弄する。主人公である測量士のKは、伯爵家に召し抱えられることになり、ある雪深い村の丘の上に立つ城を目指すが、村長らと面会を重ねてもらちが明かず、城にたどり着くことができない。〈13ページにつづく〉

 そればかりか、彼を雇ったクラム長官ともすれ違い、面会もかなわない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る