「カフカの『城』他三篇」森泉岳士著

公開日:  更新日:

 表題作をはじめ、漱石の「こころ」(先生と私)、ポーの「盗まれた手紙」、ドストエフスキーの「鰐」という不朽の名作4作をコミック化した大判作品集。名だたる文豪たちの絢爛たる文章を凝縮して、さらにエッセンスだけを抽出したかのように、それぞれの作品をわずか16ページという短編に仕立て直した、まさに文芸とコミックが融合した新たなアートともいうべき完成度だ。

「城」はカフカの死後に発表された未完の長編小説。主人公がある日、目覚めると虫になっていたという「変身」で知られるカフカの小説だけに、この作品も登場人物たちの会話からして読者を翻弄する。主人公である測量士のKは、伯爵家に召し抱えられることになり、ある雪深い村の丘の上に立つ城を目指すが、村長らと面会を重ねてもらちが明かず、城にたどり着くことができない。〈13ページにつづく〉

 そればかりか、彼を雇ったクラム長官ともすれ違い、面会もかなわない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る