名著から“男の飲み方”を学ぶ 文人がつづった「大人の酒場学」

公開日: 更新日:

 仕事帰りに、一杯――。仲間とワイワイ飲むのも悪くないが、たまには一人、ダンディーに飲みたいものだ。その教科書ともいうべき名著がある。今回は有名人たちのカッコイイ飲み方の一端を知ることのできる5冊を紹介しよう。

■「男の作法」池波正太郎著

 かつて本紙の取材で作家・山本一力が「若い頃に読み、カッコイイ男のあり方を学んだ」と絶賛した一冊。

 池波氏いわく、「食事の前に一杯飲みたいときは、ホテルのバーなり、バーテンの前で飲め」と。飲むのは水割りではなくマティーニやマンハッタンなどのカクテル。スーッと飲んで、バーテンと話をして、サッと帰るのが「男らしくて一番いい」。混んできているのに長居したり、寿司屋で寿司を前に置いたまま、長々と飲みながらしゃべっているのは「無粋な行為」と、たしなめる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  3. 3

    巨人に4タテ完勝 ソフトBの執念を象徴する初戦9回裏の反省

  4. 4

    菅首相のGoTo“鉄板答弁”破綻「4000万人中、感染者180人」

  5. 5

    ソフトは本気 王会長「工藤→小久保→城島」で狙うV10構想

  6. 6

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  7. 7

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  8. 8

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

  9. 9

    コロナ禍の最中に…小池都知事は退職金3500万円を得ていた

  10. 10

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

もっと見る

人気キーワード