• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「複数の愛を生きる」深海菊絵氏

 アメリカではポリアモリストは2009年の段階で約50万人いると予測されており、今も拡大中だという。著者は単身渡米し、30人以上のポリアモリストを調査。そこから見えてきたのは、意外にも「真面目さ」だった。

「真剣に愛について考え、話し合う人が多いんです。皆、真面目なんですよ。キリスト教徒が多い中で、複数愛は『ふしだら』と糾弾されがちですが、彼らには『私たちはちゃんとふしだらなことをしています』と表明する知性と姿勢があります。“性”というよりも“生”、生きることに対して真剣なのだと実感しました」

 とはいえ、恋愛には嫉妬や独占欲がつきものではないだろうか。

「複数愛でも同様の問題はありますが、だからこそ彼らはより細かなケアを実践しています。“配慮が作る複数愛”という印象です。今の日本でも、同性婚を公的に認める条例が可決されるなど、セクシュアリティーの多様性を認める動きが活発です。ポリアモリーも多様な愛のひとつ。自分とは異なる形の愛や家族を築いている人を受け入れる、成熟した社会になればいいなぁと思っています」(平凡社 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る