• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「風の如く久坂玄瑞篇」富樫倫太郎著

 1863年、8月18日の政変で宮門警備の任を解かれた長州藩は、武装して京に上り汚名をそそごうとする進発派と、力を蓄えることに専念すべきだとする割拠派の主導権争いで紛糾していた。京にいた久坂玄瑞は、伊達や島津などの有力な大名が国元に帰り、政治的空白が生まれる時期があることに注目した。この機を狙って藩主の世子が長州軍を率いて上洛すれば幕府軍に勝てる。武力で公家に圧力をかけ、失地回復をしようと考えたのだ。だが、幕府軍との兵力の差は歴然としている。玄瑞は長州びいきの鷹司輔煕に頼ろうとするが……。

 吉田松陰亡きあと、長州藩を支えようとした久坂玄瑞を描く時代小説。(講談社 1500円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る