「群れから、離れよ!」川北義則著

公開日: 更新日:

 会社という組織の中にいると飼いならされた羊になる。その他大勢から抜けだすためには、群れから離れる努力をしなければならない。

「出る杭」ではなく、「出すぎる杭」になることを著者は勧めている。

 例えばSTAP細胞の発見で注目された小保方晴子氏は、論文のコピペが発覚した時、「ゴメンナサイ」と謝ったりせず、悪びれることなく「そんなのみんなやってるわ」と言えばよかったのである。

 会社側と徹底的に戦い、青色発光ダイオードでノーベル賞を受賞した中村修二氏のように「出すぎる杭」になるべきだったのだ。

 自由な人生を手に入れるための60のアドバイス。(ダイヤモンド社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  4. 4

    犯罪を隠蔽し国会で大嘘 安倍前首相と共犯政権の今後<上>

  5. 5

    コロナ禍の紅白歌合戦 綾瀬はるかと嵐が司会を外れた謎

  6. 6

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  9. 9

    またもキャディー交代…もがく渋野日向子の“浮気性”は吉か

  10. 10

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

もっと見る

人気キーワード