「群れから、離れよ!」川北義則著

公開日: 更新日:

 会社という組織の中にいると飼いならされた羊になる。その他大勢から抜けだすためには、群れから離れる努力をしなければならない。

「出る杭」ではなく、「出すぎる杭」になることを著者は勧めている。

 例えばSTAP細胞の発見で注目された小保方晴子氏は、論文のコピペが発覚した時、「ゴメンナサイ」と謝ったりせず、悪びれることなく「そんなのみんなやってるわ」と言えばよかったのである。

 会社側と徹底的に戦い、青色発光ダイオードでノーベル賞を受賞した中村修二氏のように「出すぎる杭」になるべきだったのだ。

 自由な人生を手に入れるための60のアドバイス。(ダイヤモンド社 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る