職業外交官の姿勢が問われている

公開日: 更新日:

「日韓対立の真相」武藤正敏著(悟空出版)

 外務省の韓国語研修のキャリア外交官で、2010~12年に駐韓大使をつとめた武藤正敏氏の回想録だ。韓国におもねるのでもなく、嫌韓に陥るのでもない、バランスのとれた韓国論だ。

 両国の食文化に関する話が興味深い。

〈都内の焼き肉店の主人からよくこんな話を聞かされました。

「韓国から焼き肉の料理人を招くと、在日の料理人と必ず衝突する。韓国から来た人は、自分がつくる料理こそ本場の味だと主張する。日本生まれの料理人は日本人に受ける味は自分がつくる料理のほうであり、ここで商売する以上、日本人の口に合う味を提供すべきだ、と言って聞かない」

 七〇~八〇年代は、それだけ日本人と韓国人では味覚が異なっていたのです。日本人にとって、キムチは辛くて臭い食べ物であり、韓国人にとって日本食は「未知の味」だったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  3. 3

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  4. 4

    ドラフト目玉 中京大中京・高橋宏斗お受験にプロやきもき

  5. 5

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  8. 8

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  9. 9

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  10. 10

    「球界の小泉純一郎」古田敦也のヤクルト監督復帰はある?

もっと見る