職業外交官の姿勢が問われている

公開日:  更新日:

「日韓対立の真相」武藤正敏著(悟空出版)

 外務省の韓国語研修のキャリア外交官で、2010~12年に駐韓大使をつとめた武藤正敏氏の回想録だ。韓国におもねるのでもなく、嫌韓に陥るのでもない、バランスのとれた韓国論だ。

 両国の食文化に関する話が興味深い。

〈都内の焼き肉店の主人からよくこんな話を聞かされました。

「韓国から焼き肉の料理人を招くと、在日の料理人と必ず衝突する。韓国から来た人は、自分がつくる料理こそ本場の味だと主張する。日本生まれの料理人は日本人に受ける味は自分がつくる料理のほうであり、ここで商売する以上、日本人の口に合う味を提供すべきだ、と言って聞かない」

 七〇~八〇年代は、それだけ日本人と韓国人では味覚が異なっていたのです。日本人にとって、キムチは辛くて臭い食べ物であり、韓国人にとって日本食は「未知の味」だったのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る